HOME>Column>故人の荷物はどうすればいい?京都などにいる業者に遺品整理を頼もう

故人の荷物はどうすればいい?京都などにいる業者に遺品整理を頼もう

女性

宗教的な時期を知っておく

人が亡くなるとその後に葬式や火葬などを行います。その時の方法は世界的にも宗教によって異なる方法を取るようです。日本では仏教によって行うときが多いですが、その他の宗教でも行いますし、宗派によって異なる方法を取ることもあります。故人の手続きが終わると後に遺品が残るため、遺品整理が必要になります。京都にも多くの業者があるので業者に依頼をするとスムーズに行えます。注意としてはいつ依頼するのが良いかです。依頼の時期に決まりはないものの、宗教上のルールやマナーを多少意識すると良いかもしれません。仏教では葬儀の後に初七日法要を行い、さらに四十九日法要を行うことで忌明けを迎えます。忌明けまでは控えるようにし、それ以降に依頼すると良いでしょう。

遺品整理

業者の種類を確認する

同居している家族が亡くなったとき、それほど急いで遺品整理をする必要はありません。そのままにしておいても特に問題はありません。しかし賃貸物件などを利用していた家族が亡くなったときは、退去などの手続きも必要で早めに整理しないといけないでしょう。京都で整理を行うとき、荷物が少ないなら自分たちだけでもできるでしょう。ただたくさんの荷物があるときは業者に依頼することを検討しましょう。この時依頼する業者にはいくつかの種類があります。ハウスクリーニングの業者や、便利屋などがあり、これらの業者は不要物をすべて廃棄する方針で作業を行います。それ以外に遺品整理を専門に行う業者があり、遺品と不用品を区別した対応をしてくれます。

広告募集中