遺品整理の方法を確かめよう

身近な方が亡くなった時は、悲しい気持ちを抱えるとともに故人の遺品整理をしなくてはなりません。その際の方法や気を付けることを教えるので、確かめてみるようにしましょう。

効率的な遺品整理の仕方

男性

期日を決めて始める

故人が賃貸物件で暮らしていたら、管理会社に退去時期や家賃の費用を確認します。出来れば、亡くなった同月かその次の月までに終えて賃貸物件を片付けるように。また、一軒家で一人暮らしの場合でも早めに休日を利用して遺品整理を行います。その一軒家を売却する場合は、不動産の方と相談して明け渡し時期を決定しましょう。

遺品を種類別に分ける

故人が一人の場合でも遺品整理は大変になります。なぜなら人によっては、大量の生活雑貨を所有している場合があるからです。それに生活する上には電化製品や衣類・食器・食材・寝具などなどが必要になるでしょう。それらを種類に分けて後で処理しやすいように細かく分類していきます。

処理するモノを決める

遺品を分け終わったら、捨てるモノと持ち帰るモノ・リサイクルするモノなどを決めていきます。リサイクルショップに持っていけるモノは持っていき、その他の廃棄処分するモノは、専用の回収業者に依頼すると便利ですよ。

遺品整理の選択肢は二択

遺品整理をする際に、個人でするか専用の業者に依頼するかの二択になるでしょう。どちらが自分たちに合うか、次のことを参考に家族で相談してください。

専門業者と個人の遺品整理の違いとは?

専門の遺品整理業者の場合

遺品整理が休日にしか行えなくて、時間がかかってしまい人手も足りない方は、プロの遺品整理回収業者に依頼すると良いでしょう。捨てないモノと処分するモノを業者に伝えると、分類した遺品を処分した後に部屋の掃除も行ってくれます。ただ、その料金を業者に支払うため、少し費用がかかるようです。しかしその分、遺品整理にかかる時間も短縮されます。それに、お焚き上げ供養を行うオプションがある業者もあるようです。

個人で遺品整理する場合

個人で遺品整理をする際には、多くの人手が必要になります。でも、その整理によって色んな故人の思い出を引き出せて、しっかりと故人との別れが出来るでしょう。ただし、処分したいモノが大型だと業者に最後は頼むことになります。でも、全体的に業者に頼むよりも費用が抑えられるというメリットがありますよ。

遺品整理の方法や専用業者と個人で処分する際の利点・欠点について

ダンボール

遺品整理業者の選び方

口コミをチェックして、評判の良い遺品整理業者を選びましょう。しかし、稀に料金トラブルとかがあるので後払いの業者が良いですよ。そして、事前に見積もりをして支払う料金を確認することも大切です。ちなみに、見積もり料金は業者によって違いがあるため、幾つかの業者に見積もりを取ってから、お得な業者に遺品整理を依頼するといいでしょう。

広告募集中